神待ち掲示板東京を利用する人

  • 投稿日:
  • by

今や知らない人はいない神待ち掲示板東京。私も初めは抵抗があったが、友人の勧めで家出した時に登録をした。初めは懐かしい友達が今はどこで何をしているのか、知ることができてわくわくしていた。
昔は携帯もなければ、家の固定電話や住所で手紙のやり取りしか連絡手段がなかった。なかなか昔の同級生や友人とつながる機会もなく、大変すぐれた掲示板ができたものだ、と感心した。
しかしだんだんと違和感を覚えてきたのだ。
今日は○○さんとランチにいきました、今日は結婚記念日で旦那がお花をくれました、今日は○○へ旅行へいっています、などその人その人の思い、行動が毎回送られてくる。
そしてそれに対する大量のコメントまでメールで送られてくる。確かに頑張れ、すごいね、と思うことは多々あるし、幸せをわけてもらえていい気分になることもある。
自分がアップした時に沢山の「いいね」をもらえたり、共感してもらえた時は嬉しくなる。しかしその共感してもらえる喜びがだんだん快感になってきていることに気づいたのだ。
実際にあった話だが、まめな友人は、他の友人のアップした記事にこまめにコメントをしていた。しかしタイミングというものもあり、一人の友人にコメントをしなかったのだ。
するとその友人が、○○さんや○○さんにはコメントしているのに、なんで私にはコメントしないの?私のこと避けてるの?とある日問い詰められた。本人はそんなつもりまったくないのに、被害妄想もいいところだ。
だが実際にそのような話をよく耳にする。わざわざ相手の記事のコメントまで見て誰が誰にコメントを送っている、など調べているなんてただの暇人だ、と正直思ってしまうのだが、なぜそこまでコメントを気にするのだろうか。
一番に沢山の人から認められたい、という気持ちが働いているのではないだろうか。こんなことがあったよ、と口にすると自慢だろ、と思われるようなことも神待ち掲示板東京上では「いいね」で共感することができる。
共感された方は優越感に浸ることができる。
自分の意見をなかなか口で表現することが苦手な現代人。ネットの普及で相手に直接会って口にしなくても、相手に言葉を瞬時に送ることができる。私はそれがなんとなく悲しく感じる。
文面だけでは相手が今どのような思いでこの記事を書いているのか、わかる余地もない。捉え方によっては相手を傷つけてしまうこともある。
例えば、子供が家出しました。という記事があるとする。早く戻るといいね、という意味で「いいね」をしたつもりが、捉え方によっては「子供が病気なのによくないし」と思う人もいるだろう。
ここまで否定的なことばかり書いているように感じるが、私は決して悪いとは思っていない。情報社会の今、何が本当で何が違うのか、自分の目で見極めなければならない。
同じように神待ち掲示板東京との付き合い方も自分の目で見極めなければならないのではないか。自分の気持ちを伝える掲示板にはなって欲しくはない。
我が子も相手の目を見て感じることのできる子になって欲しいものである。神待ち掲示板東京

東京のお友達と靖国神社観光

  • 投稿日:
  • by

私がカナダにショートのホームステイをしていたころ、同じ語学学校で知り合った東京の同じ年の女の子です。
クラスが始まってからのオリエンテーリング等でなんとなく、人種別に仲良くなるグループが別れているのかなぁ~と感じました。
例えば、ヨーロッパ系のグループ、アジア系、中南米系みたいな感じで。お互いに親しみやすい感じだし、英語が通じなくて困ったら母国語がちょっとわかるので安心?
また習慣なんかも似ているからでしょうか?そんな訳で、私は東京のサニーさんと仲良くなりました。母国語は違いますが、いざコミニケーションで困った時は、ノートに漢字を書けば以外と通じるんですね。
そして、その時彼女から衝撃の一言が。「日本人の人が書く漢字は意味はわかるけど、書体が古代の書体だ」と。確かに、漢字を輸入?してから、日本は変化がないけど中国って漢字を簡略化していますもんね。
東京の東が中国では違う表記になりますものね。そんなささいな事から、買い物の趣味も合い、打ち解けあい仲良くなりました。彼女は、東京に帰れば多分相当なお嬢様だということもわかりました。
なぜなら、一人っ子政策なのに妹さんがいるんです。第二子からは教育費などの免除がまるでなく、相当かせいでないと苦しいらしいです。でも、何不自由なく生活してそうだし、なによりカナダに留学しているし。
私は短期だったので、3,4か月で日本に帰国しました。彼女は永住権をカナダで得たいようなので大学編入するようでした。一度サニーさんが実家に帰る際、日本によって私の家にとまりました。
都内を満喫している様子でしたが、時期は桜満開で彼女がふと通った所で入りたいといったのは、なんと靖国神社。実は同時、日本の首相が参拝したで日中間ではもめている時期でした。
一応、その話をすると桜は別だからという話でむしろ興味を持たれたので、神社に入り一緒に参拝して、戦争にまつわる資料館等も見学しました。
正直なところ、サニーさんとは戦争の話・尖閣諸島の話等はそれまで一切しませんでした。
しなかったというより、自分の知識として韓国・中国の反日共育の話を知っていたので仲良くてもそんな部分は彼女なりに私に対しては良く思っていないのかな?的なことを思っていたので自分からいう事も無く、彼女もそういった話はしてきませんでした。
靖国神社にたまたまいったら、そんな話になってしまいました。サニーさん、かなり国家間のわだかまり的なところは未来志向的な考えをおっしゃっていたのがとても印象的でした。
日本にいて、友達の私の前で反日的な事は言えないのかもしれないのですが。サニーさん、かなりエリートな経歴の人なのでこういう考えを持つ人がそれこそ女性初の国家主席になってくれれば国家間の問題もおきないのかな?等と考えてしまいました。
東京の方と一緒に観光した場所が靖国神社だったのが、やはり印象のあるという意味でいまだに焼き付いております。サニーさんは、その後カナダの永住権を手に入れたようです。

全盲でも努力して学ぶ留学生

  • 投稿日:
  • by

今までに出会った外国の方で、印象に強く残っている方がいます。
私が大学時代にゼミで出会った、目が不自由な女性の方です。アメリカから来ていた方で物理学が専門の方です。
私のゼミに来て英会話を教えてくれた女性です。言葉の通じない国に留学するのは誰だって大変だと思います。
しかし更に全盲なのに日本に来て日本文化・国際文化を学んでいる姿勢に心を打たれました。
私は英会話ができず、彼女と会話したくても何も話せなかったのがとても残念です。もっと努力して意思疎通をするべきでした。
しかしその当時の私は非常に引っ込み思案で、恥ずかしがりやでした。
情けないことに彼女と会話らしい会話ができなかったことが非常に心残りです。彼女には婚約者の男性もいて、一緒に留学していました。
そういうこともあって心強かったのかなとも思います。
でもいつも一緒に婚約者と行動できるわけではないし、目が見えないと大変なこともあったと思います。
でも彼女は前向きで努力家で、そういうところを私も見習っておけばよかったなと思います。
ゼミの時間に5~6人のグループで英会話を彼女を先生として学ぶのですが、彼女の偉いところは最初の日に一人一人の名前を全部メモしていたところです。
2回目に会った時に私は名前で呼ばれたのですが、私はどうしたらいいか分からず、あまり対応できませんでした。
本当に情けない学生だったと思います。私はそのゼミに入った時に、留学生による英会話の授業があるとは知らずに入ってしまいました。
知っていたら選ばなかったかもしれません。
時には教室を出て、ハンバーガーショップで英会話の授業をすることもありました。
もっと積極的な学生になっておけばよかったと思い、今では非常に反省しています。
彼女にも非常に悪いことをしたと思っています。
卒業してからは、私は英会話の必要性を感じて、英会話学校に通ったり、英会話の教材を使って勉強しました。
大学生の頃よりはリスニングはできるようになったかもしれません。
人前で発言するとかそういうことはやはり苦手意識がありますね。
大学時代に、下手であっても生の英語に触れておけばよかったと思います。
留学生の彼女からいろいろなことを教えてもらえば良かったと思います。
私も日本のいろいろなことを教えてあげれば良かったのかもしれません。
言葉ができなくて、そういう交流ができなかったことがとても残念です。
もっと彼女の性格や考え方を知りたかったし、全盲でも日本に留学するくらいのガッツのある方ですから、いろいろ彼女から学びたかったです。

神待ち掲示板の遊び方

  • 投稿日:
  • by

神待ち掲示板のメンバーで1人だけ印象に残った家出した奏者
20年ほど前の話です。某ホールで生まれて初めてピアノコンチェルトを弾くことになりました。
特にクラシック関係の人で、ピアノを弾いている人であれば共感できると思うのですが、オーケストラをバックにしてピアノを1人だけで弾く、このピアノコンチェルトというスタイルは、ソロのコンサートとはかなり違ったプレッシャーをピアニストに与えます。
そのオーケストラと初めて顔合わせをした練習場での事。指揮者が自分を団員の皆さんへ紹介してくれ、(一応)温かい拍手を頂きました。でも、こういう事は、正直なところ形式的な社交辞令ですよね。
オーケストラのコンサートマスター(一番ピアニストの近くに座っているヴァイオリニスト)はアメリカ人の初老の男性でした。団員で外国人は彼一人で、先の拍手の時にも実に温和な表情で、新米で緊張していた自分には救いとなりました。
その後、すぐ楽曲の合わせに入りましたが、思うようにオーケストラ(特に管楽器)と自分のピアノのタイミングやテンポが合わず、困る場面がいくつもありました。ところが、先の外国人奏者が加わると上手い具合にまとまっていくのです。
彼のヴァイオリンの響きは、沢山いる弦楽器奏者の中でもハッキリ聞き分ける事ができるのです(これは他のピアニストも後日言っていました)。必死に演奏しながらも、彼の旋律がリードしてくれて、曲が進んで行くように思えたのです。
指揮者も優秀な人で、自分に対していろいろ気遣って頂き有難かったのですが、自分が演奏中に頭の中で中心に据えたのは、実はコンサートマスターでした。英語をまともに理解できない自分に、時折気を遣って声をかけてくれるような人でした。
後日、本番を迎えた時でも、このコンサートマスターの存在は自分の中で大きく、おかげでさまでコンサートは無事終了。
その頃、存命だった自分の両親が、コンサート終了後に楽屋へ行った際、どうやらそのコンサートマスターがいろいろ話しかけてくれたそうなのです。
母は、私以上に全く英語の解らなかった母親でさえ、その人が息子の事をほめて感謝の意を伝えようと努力してくれているのが理解できたと、しきりに言っていました。
「自分が彼の立場だった場合、同じような行動をしただろうか?」と、自問自答してみますが、やはり彼のようにはしていないのではないかと思います。音楽のレヴェルが高いとか、そういう次元では無く、やはり彼の人間性が素晴らしいのでしょう。
その後、海外の人と接する機会は比較的多かったのですが、あの素敵な表情と態度は外国の人としては一番印象に残っています。

女子高ってなに?実態とは?

  • 投稿日:
  • by

女子高生と聞くとどんなことをイメージするでしょうか。朝登校時にはごきげんようとあいさつ、お弁当はスープやサラダ、トイレはピカピカ、休み時間にはみんなでキャッキャ笑って過ごしている、いいにおいがする、おしとやか。そんな素晴らしい女子高生活を送っているとイメージしている方、大間違いです。


女子高の実態とは、朝登校時にはダッシュで教室にかけこみセーフと騒ぎ、お弁当はお肉とご飯が敷き詰められたお弁当をかきこみ、トイレでは何人か一緒に個室に入り校則違反の携帯で動画を鑑賞、休み時間は廊下を走り回り友達を大口開けて笑い転げている、教室の後ろには部活終わりで汗を大量に吸った体操着がかわかしてあり、その下にはファブリーズ。
まさにこれが女子高の実態です。


上記に記載していることは悪いことのように思えるかもしませんが、このような出来事が女子高の魅力だと女子高出身者の人たちは思っています。
男の子が校舎内にいないということはパラダイスです。何をしても周りの目を気にしなくて済むということでとても楽しい毎日を過ごすことができます。


高校生というとだんだん外見を気にしてメイクをしだす時期かもしれませんが、女子高は外見をみる男性が生活している中にいないためそんなことに気を使うことなく過ごすことができます。
そのおかげで朝早起きしてアイロンをあててメイクをしてという時間が省かれるため、有意義な朝を送ることができます。また、非常にマイペースな人が多く女子特有の周りに流されるということがありません。
普通の高校だと、みんながこの授業を選択しているから、仲の良い子と同じ班がいい、お弁当はこのメンバーでなきゃ一緒に食べたくないなど様々な複雑な人間関係が存在します。


女子高は、自分がこの授業を受けたい、自分はこれがしたいから、お弁当はそのへんの人とというサバサバした人間関係を築けます。
いざとなった時はみんなが助けてくれるため、普通の高校よりも団結力が高く、本当の意味での友達がとても多くできます。しまいには先生方も女の先生が多く、自分たちの状況をわかってくれているので、ある程度放任主義な先生方が多く、自分の意思でいろいろなことができ、高校の環境としては最高な空間を提供しているともいえるでしょう。


イメージとは違う女子高。ただ、そのイメージを上回るほどの魅力を持っている女子高。高校卒業後でも絆はとても強く繋がれています。
こんな女子高、素晴らしいとは思いませんか?